取引業者 比較メニュー

FX取引業者は国内に大小合わせて約80社以上ありますが、オススメできる取引業者に関して、ジャンル別に仕分けし、比較していただく目的で作成しました。

気になるジャンルをクリックしてみてください。

比較ジャンル 説明
取引コスト ここでいう取引コストとは、スプレッドのことを指します。つまり、売値と買値の差のことです。この差が狭いほどコストがかからないということで比較しました。

  • スプレッド
スワップポイントで比較 ここでいうスワップとは、取引を行ったときに発生する利息みたいなものです。特に長期でのトレードをお好みの方には、気になるジャンルですよね…。最近では、トルコリラや南アフリカランドといったところも注目されています。

  • スワップ
為替情報で比較 ここでいう為替情報とは、ニュースソースのことを指します。トレードする際にファンダメンタルを気にされる方も大勢いらっしゃいます。

  • FX WAVE
  • GI 24
  • Market Win24
  • ロイター
  • ダウジョーンズ
注文・スステムで比較 ここでいう注文・スステムとは、新規注文や決済注文の出し方についてのこと。そして、プラットフォームや自動売買についても比較しています。

  • トレール注文
  • 売買シグナル
  • システムトレード
  • デモトレード
会社の信頼性で比較 取引を行う上で、選択するポイントの一つになってくると思います。というのも何かの事情で倒産した場合、お金が返ってこないことの可能性があるので注意したいです。

  • 自己資本規制比率
  • 口座数
  • 証拠金残高
  • 資本金
  • 証拠金の委託先
  • 上場
取り扱い通貨ペアで比較

 

ドル/円をはじめ、最近ではマイナーな通貨ペアもサービスとして行っている会社も数多くいます。また、マイナー通貨同士の取引にも魅力を感じてトレードする個人投資家もいるので、なるべく数多くの通貨ペアを取引対象にすればそれだけチャンスも広がるということです。

  • 通貨ペア総数
  • クロス円
  • ユーロ/ドル
  • ポンド/ドル
  • 豪ドル/ドル
  • 南アランド/円
  • トルコリラ/円
  • 中国元/円
スマホで比較 最近のFX会社を選択する理由として、意外と多いのがこのスマートフォンと答える投資家が多くなってきています。トレードする際に通勤途中や外出先でも気になる事はやはりありますよね…

  • iPhone
  • Android
  • ガラパゴス携帯
  • 相場情報メール配信
ミラートレーダーでお勧めの会社 FX自動売買のプラットフォームミラートレーダーの取引できる会社の紹介です。日本でリリースされてから大分時間はたっているものの、未だに人気が根強いのは、やはり自動売買であることや成績の良いストラテジーが数多く存在することです。ストラテジーに関しては世界中で優秀なプログラマーが開発中なので期待感は計り知れないものがありますよね…。

  • FXトレードフィナンシャル
くりっく365でお勧めの会社 このくりっく365とは、東京金融取引所によって開設されたFXの公設市場が「くりっく365」になります。通常の相対取引のFX取引とは全く別物になります。

  • GMOクリック証券
MT4でお勧めの会社 MT4(メタトレーダー4/MetaTrader4)はロシアのMetaQuotes社が開発したFXのトレーディングソフトです。無料で利用が出来て、しかも超高性能である事から、今、FXトレーダーからの支持が急上昇しています。

  • FXトレードフィナンシャル FXTFMT4
  • ゲインキャピタル・ジャパン FOREX MT4

アナタにお薦めの記事はコチラ!

1
長期運用に最適なトルコ/円の魅力に迫る!

高金利時代と現在の世界的な低金利の情勢を振り返る 世界的に金融緩和の兆候に変貌し ...

2
たった0.1銭のスプレッド違いでも年間に換算するとものすごい実態が判明!

  最近では、顧客争奪のためにスプレッドと呼ばれる「売値と買値の差」を ...

公開日:
最終更新日:2016/09/06