■公設取引所のFX取引「くりっく365」でおすすめの会社

GMOクリック証券

ここがポイント

  • 2013年10月1日より取引手数料は完全無料。
  • 超高速注文機能スピード注文(1クリックで即時注文が可能)
  • 取引画面がわかりやすくてシンプル。
  • 店頭デリバティブ取引で発生した利益と、「くりっく365」等の市場デリバティブ取引で発生した損失を損益通算することが可能です

 

o-094
【スペック】

スプレッド 取引単位 レバレッジ 通貨ペア数
- 10,000通貨 25倍 24種類
手数料 サポート スマホ ガラケ
0円
メールにて
24時間
iPhone/Android
ロスカット マージン
コール
価格通知
メール
約定通知
メール
×

 

↓↓ 魅力あるGMOクリック証券くりっく365 の口座開設はコチラから ↓↓

GMOクリック証券

 

くりっく365とは…

東京金融取引所によって解説されたFXの公設市場が「くりっく365」になります。従来からある為替取引には、投資家とFX会社が直接取引を行う相対取引(店頭取引)しかありませんでした。
しかし、2007年7月に世界で初めてスタートしたのが為替取引所である「くりっく365」なのです。

 

特徴① 証拠金は公設取引所へ全額預託している

「くりっく365」では投資家の最終的な取引相手は取引所になります。「くりっく365」をとりつないでいるFX会社や証券会社は投資家から注文を取り次いでいる形になります。

くりっく365の場合、FX会社が投資家から預かった取引証拠金は、全額取引所に預託されることになっています。万が一、FX会社が破たんした場合でも取引所に預託されている証拠金は、原則投資家のもとへ全額返却されることとなります。

o-095

 

特徴② 狭いスプレッドで取引できる

「くりっく365」では狭いスプレッドでの取引が可能です。それは、マーケットメーカーになっている大手証券会社、ゴールドマンサックス証券、ドイツ証券、野村証券、三菱東京UFJ銀行などの世界トップクラスの金融機関が価格を付けているからです。東京金融取引所がそのうちのもっとも安い売値と最も高い買値を合成して「くりっく365」の価格として提示しているからです。
 

FX取引業者比較メニュー

国内のFX会社をジャンルを分けて比較しております。それぞれのFX会社の特徴を掴むことも重要です。期になるジャンルをクリックすれば閲覧できます。

hikaku01 hikaku02 hikaku03
hikaku04 hikaku05 hikaku06
hikaku07 hikaku08 hikaku09
hikaku10

アナタにお薦めの記事はコチラ!

1
長期運用に最適なトルコ/円の魅力に迫る!

高金利時代と現在の世界的な低金利の情勢を振り返る 世界的に金融緩和の兆候に変貌し ...

2
たった0.1銭のスプレッド違いでも年間に換算するとものすごい実態が判明!

  最近では、顧客争奪のためにスプレッドと呼ばれる「売値と買値の差」を ...

公開日:
最終更新日:2016/04/24