FX取引業者比較メニュー

取引コストで比較

最近のFX会社では手数料と呼ばれるものは存在せず、それ以外にコストと呼ばれるのは、スプレッドと呼ばれる「売値と買値の差」のことを指します。この差が実質的な取引コストになります。
⇒短期売買に適している会社はコチラから!

 

スワップポイントで比較

スワップポイントとは、銀行等の金融機関で外貨預金がありますが、利息のようなものです。FX取引では、低金利の通貨を売って、高金利の通貨を購入することで、その金利差にあたるスワップポイントを受取ることが出来るのです。
⇒取引に有利なスワップポイントを取得したい方はコチラをご参考に!

 

為替情報の充実さで比較

FX WAVE」「GI 24」「Market Win24」をはじめとした国内では有名な情報ベンダーです。その他にロイターやダウ・ジョーンズなど取扱っている会社かどうかの比較をしております。
⇒為替情報が充実している会社はコチラ!

 

注文・システム系で比較

注文方法には、指値・成行き・逆指値等が存在します。こちらの組み合わせでシステムトレードとして提供している会社も最近ではよく見かけます。また、相場に応じて注文価格が自動的に変動するトレール注文なども最近は出てきている時代です。そんな注文を多彩に使える会社をご紹介しているのでご参考にしていただきたいと思います。
⇒注文やシステムが充実している会社はココ!

 

会社の信頼性で比較

FX会社と取引を行うからには、取引する会社の体力が気になるところです。ここでは、金商法で義務付けられている「自己資本規制比率」を中心に安心あして取引できる会社をご紹介しています。せっかくの利益も会社が倒産することでのリスクは無くに泣けません。その意味でも調べる必要はあるかと思います。
⇒自己資本規制比率から安心できる会社はココ!

 

取扱通貨ペアで比較

通貨ペアとは各国の使用する通貨の2つの組み合わせのことを指します。つまり2国間の両替するレートのことになります。
ここでは、取引通貨ペアがより多く取り扱える会社をご紹介すると同時に、その会社で取引することでよりチャンスを掴むことになるので大事な比較になるかと思います。
⇒通貨ペアが豊富にある会社且つチャンスを掴みたい方はコチラ!

 

モバイル取引で比較

最近のFX取引は、スマホでの取引が圧倒的に増加しました。専業トレーダーに関しては、自宅や事務所でのトレードを主にしていますが、それ以外の会社員の方などは、通勤途中でのスマホトレードを好む方がいらっしゃいます。そんなスマホが充実している会社をご紹介しています。
⇒見やすい・取引しやすいスマホを提供している会社はコチラ!

 

ミラートレーダー取扱会社

ミラートレーダーはトレーデンシー社(本社イスラエル)により開発された選択型のFX自動売買のプラットフォームになります。世界では30社以上導入されており、日本国内でも数万人のユーザーがいます。
⇒ミラートレーダーで取引をしてみたい方はコチラ!

 

くりっく365取扱会社

東京金融取引所によって開設されたFXの公設市場が「くりっく365」になります。従来からある為替取引には、投資家とFX会社が直接取引を行う相対取引(店頭取引)しかありませんでした。しかし、2007年7月に世界で初めてスタートしたのが為替取引所である「くりっく365」なのです。
⇒「くりっく365」で取引したい方はコチラ!

 

MT4取扱会社

MT4(メタトレーダー4/MetaTrader4)はロシアのMetaQuotes社が開発したFXのトレーディングソフトです。無料で利用が出来て、しかも超高性能である事から、今、FXトレーダーからの支持が急上昇しています。
⇒MT4で取引をしたい方はコチラ!

アナタにお薦めの記事はコチラ!

1
長期運用に最適なトルコ/円の魅力に迫る!

高金利時代と現在の世界的な低金利の情勢を振り返る 世界的に金融緩和の兆候に変貌し ...

2
たった0.1銭のスプレッド違いでも年間に換算するとものすごい実態が判明!

  最近では、顧客争奪のためにスプレッドと呼ばれる「売値と買値の差」を ...

公開日:
最終更新日:2016/04/24